header

お小遣いの使い道

一家の主。大黒柱のお小遣い事情はどうなっているのでしょうか。幾つかのアンケート結果からその実情に迫ってみましょう。


大体どの結果を見ても、ベスト3はほぼ決まっているようです。1位:昼食代、2位:趣味の費用、3位:飲み代、です。その他には携帯電話や通信費もあるようです。
1-3位はまあ分かりますが、携帯電話なんて小遣いから出していのが普通なんですか?奥さんと二人でも子供がいても、一つのキャリアの家族割みたいなプランで皆んなまとめて一括で払っているんじゃないでしょうか。


バラバラで携帯電話を契約しているなら個別に払うことになりますが、それでもお小遣いから払うと結構大きいですよね。1回線5千円ではきかないんじゃないでしょうか。格安スマホなのかな。
それは置いといて、1-3位をもう少し掘り下げてみましょう。


1位:昼食代。

一日平均550円位だそうです。1ヶ月22日出勤として約1万2千円になります。最近のお弁当は1コインとかそれ以下だったり、500円のクーポンなんてあるようですのでそれらを活用しているのでしょう。
会社に食堂がある場合、セットメニューやカフェテリアだったり安いうどんやラーメンもあるでしょうから、一日400円から700円位でしょうか。少し高くなりますが、
支払いに現金ではなく社員証やパスモ等で払えるようですので、お小遣いの守備範囲に入れるかどうかは微妙なところです。パスモなんかはコンビニでこっそり買物出来ますからね。オートチャージだし。
お小遣いの足りない部分を補ってくれる隠し球です。まあ余りおおっぴらに使うとバレル(カード払いの明細に載る)ので、ほどほどにしてますが。


2位:趣味の費用。

タバコ代、パチンコ代も勿論入りますが、本(コミック)やゲーム、CD、DVD(含レンタル)、映画(これも何とかシネマカードで6回観ると1回分無料、なんかだとクレジットカード払いになり財布は傷まない)、
洋服その他と多岐に渡ります。ジムやスクールなどもあるかも知れません。スポーツしている人は遠征費用が必要な人もいます。
バイクやクルマ、パソコン周辺機器の購入にお金を掛けている人もいますが、ここまで来ると1位の昼食代よりはお金が掛かるので、昼食抜き?とか涙のドラマもあるかも知れません。


3位:飲み代。

私の場合、会社のイベントでの飲み会がほとんどですが、大体5千円とかです。一次会で帰りますのでそれ以上は掛かりません。
ただ、世間一般の飲み代の平均額は1回辺り3千円弱だそうで、これは3年前の5千円今日から大幅低下となっているそうです。
アルコール離れと言われて久しいですが(ビールなども売上が落ちているようです)、少なく飲んで少し食べてあとで割り勘、ということなのでしょうか。3千円以下の飲み会なんて、きっと刺し身はありませんね。
飲み代は結構高くつくのでたまにお小遣いがたりなくなってお金を借りる人も多いみたいですね。特に専業主婦なんかはママ友のランチやショッピングにかなりのお金がいるみたいですよ。専業主婦でも借りれるカードローンが紹介されているサイト→専業主婦カードローン※旦那の同意書不要!内緒で借りれた体験談